スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【そうだ】動画解説【もっと動画をry】

と言っても 流れてきにわかってる人が5割 興味のない人が5割
こうですよね! わかりません!!!!!!!!!!!!!!!

Q.どうして collaborationはカンカラと戦わずにここ助と戦っていたの?

A.collaborationの優先順位は、カンカラを倒すことではなく、弟を死なせないことが一番に来ています。
なので、ここ助がいくら修行したとはいえ、カンカラと戦うのはまだ早いと判断してcollaborationがここ助にDOPから
立ち去るように戦っているわけです。
まあ気絶でもさせて、その間にカンカラと戦ってすべてを終わらせよう と考えていた感じ!
動画内でカンカラと戦う前に投げ槍?を投げたのは、早く立ち去れと警告する兄の優しさなのですが
ここ助氏は何も気づいていません。 まだだ!まだ終わらんよ・・・
汚名返上の機会をそう簡単に捨てるわけにはいかなかったんでしょうね!

Q.なんでバッドエンドなの?
A.マキシ名鑑の設定上、アノマラド政府はオルランヌ地方を常に狙っています。
collaborationの所在がつかめなかったため、攻めるにも攻められない状態だったのですが
今回のカンカラ討伐聖戦でここ助が連れてきた部隊によってcollaborationの居場所がつかめたわけです
さらに言えば、相手がカンカラであることも判断し、カンカラに敗北する可能性も十分にあると考え、オルランヌ地方へ攻めることを決定。
結果、その作戦は見事に当てはまり、オルランヌ地方はアノマラド政府のものとなりました。

Q.今回の話の中でのcollaborationがカンカラと被るんですが!

A.たぶん動画見てこんな感想持った人居ないとは思うんですけど(そもそもそんな深い話じゃないですしおすし)
過去にカンカラはアノマラド政府に家族を殺され、闇を抱えます。
collaborationも家族(弟)はカンカラに殺されたものの、アノマラド政府によって家族や土地(家、故郷)を奪われてしまいます。
カンカラのように生還し、ドッペルゲンガーの森に彷徨うことはなかったものの二人の悲劇は似たようなものにしようと意識しました。
第二、第三のカンカラってやつですね

Q.お前(松濤)は戦わないの?
A.装備が整えばすぐにでも 設定でもなんでも変えて参戦します

Q.マキシ名鑑はもう募集してないの?
A.大募集です!いつでもお待ちしております!!

マキシ名鑑はこちら
マキシ名鑑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松濤さん

Author:松濤さん
ロゼ鯖に生息する戦場カメラマンでした。

暇を持て余した人数
カテゴリ
オススメBGM
[ジャンルランキング]
ゲーム
9495位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
RPG
985位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
新着記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。